2008年06月17日

メタボ肥満は青汁ですよ!

生きてる青汁

生きてる青汁

販売価格¥9,450

■その名の通り酵素や栄養が生きています。『生きてる青汁』は、有機農法・無農薬で育てられた、新鮮な大麦若葉を『生…

商品詳細ページへカートページへ


これが青汁です!
メタボリック・肥満解消に・・・あなたには必要ないですか・・・?

■その青汁は水に溶かして30分後・・・沈殿、変色しませんか?

いまや健康飲料の定番としてお馴染みの青汁。様々な商品が販売されていますが、実はそのほとんどが葉を『加熱・乾燥・裁断・粉末』したもの。更に抹茶で色付け、風味付けしているということをご存じですか。?

しかしそもそも青汁とは、新鮮な野菜の細胞液のことで、有効成分を『生搾り』し吸収しやすくしたもの。

では、なぜ青汁は野菜を『生搾り』したものと定義されているかというと、それには理由があります。
野菜の有効成分、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、葉緑素、抗酸化物質などは食物繊維の中に含まれています。
葉を加熱・乾燥・裁断・粉末にした場合は、加熱により栄養分も失われますが、残った栄養分も繊維の中に閉じこめられたままで、ほとんど消化・吸収できません。

一方、葉を『生搾り』したものは、搾る際に繊維をすりつぶすことで、含有されている有効成分を確実に消化吸収することが可能。しかも非加熱のため栄養素も壊れていません。

見分ける方法は簡単です。
@青汁の粉末を水にとかした時に泡が良く立てば『生搾りタイプ』、逆に泡がほとんど立たなければ『加熱・乾燥・裁断・粉末のタイプ』
A青汁の粉末を水に溶かして30分後に分離、沈殿すれば『加熱・乾燥・裁断・粉末のタイプ』、分離沈殿しなければ『生搾りタイプ』です。

■その名の通り酵素や栄養が生きています。

『生きてる青汁』は、有機農法・無農薬で育てられた、新鮮な大麦若葉を『生搾り』し、非加熱スプレ−ドライ方式でエキス分を粉末にしたもの。
葉を『加熱・乾燥・裁断・粉末』のタイプとは違い、ビタミンやミネラル、各種酵素、抗酸化成分などが活性を保ったまま含まれています。
しかも繊維をすり潰し栄養分を取りだした状態なので、豊富な有効成分を効率よく吸収できます。

■『酵素』にこだわり、『無農薬大麦若葉』にこだわり、『生搾り』にこだわりました。
一般に青汁の原料として大麦若葉が多く使用されている理由の1つに、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれているという点が上げられます。
しかし私たちが大麦若葉に注目した一番の理由は酵素。中でもSOD酵素が豊富に含まれているという点でした。
私たちロハスミッションは、酵素のチカラを人やペットの健康に役立てようと、様々な商品開発に努めてまいりました。
そんな酵素スペシャリストにとって、大麦若葉は酵素の宝庫。青汁の開発に当たり大麦若葉ほど原料としては最適なものはないと考えました。
酵素は生命を維持する上でとても大切な要素で、特にSOD酵素は、活性酸素を抑制する働きがあります。
ところがこのSOD酵素、40代を過ぎた頃から急に体内で作り出す機能が衰えてきます。
老化や生活習慣病の引き金となる、活性酸素が大量に発生する要因が多い現代社会ではまさにSOD酵素をいかに効率よく摂取できるかがポイントとなってきます。
ロハスミッションが『無農薬大麦若葉』にこだわり、そのチカラを可能な限り抽出できる『生搾り』にこだわるのも、SOD酵素を生きたまま摂取したいからなのです。

BLOODCOM
健康生活COM
メタボリック緊急時の対応生活COM
メタボリックシンドロームYAHOO
メタボリックシンドローム症候群 
メタボリックと成人病 
血液サラサラコム
メタボBLLOD-COM2

posted by fat at 16:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふら〜と立ち寄ったら長居してることに気づきました
楽しかったんで(勝手にw)お気に入り登録させて頂いてます♪
ブログつながりで昨日もたまたま面白い記事を見つけたんですけど
とても興味深い内容でしたのでよかったらどうぞ♪
http://designblognt.web.fc2.com/
これからも楽しいブログをお願いしますね!また遊びにきます^−^
Posted by ミズタマ。 at 2008年06月18日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。