2008年07月01日

THE肥満!



正確な体脂肪率の測定は難しく、多く行われているのは推定です。
肥満の判定にはいろいろな方法がありますが、身長・体重から求められる「BMI指数法」が一般的に使われています。

ホルモン異常による肥満もまれにありますが、日常見られる単純性肥満は「食べ過ぎ」と「運動不足」の生活習慣からおこります。
 
毎日食事からとるエネルギーは生命維持や運動のために消費されます。
生活で消費されるエネルギーよりも食べ物で体に入ってくるエネルギーの方が多くなると、その余った分が脂肪として体に貯金されます。

メタボリックシンドロームの教科書とその対策より

メタボリックシンドローム健康生活コム
posted by fat at 15:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
いいブログですね^^

最近仕事がつらくて・・・・・・
私もブログやってます^^
Posted by 乙女 at 2008年07月01日 16:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。