2008年04月25日

メタボリック対策地域によって格差

福岡県は、高齢化や生活習慣病の増加に伴う医療費の伸びを抑えるため、「県医療費適正化計画」(2008‐12年度)を策定した。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)該当者の減少率や入院日数短縮などの数値目標を盛り込んでおり、
達成すれば県民医療費の伸びを967億円程度抑制できると
見込んでいる。

計画によると、05年度の県民医療費のうち老人医療費は37.7%で、
1人当たりの老人医療費は約102万円と全国一高い。
生活習慣病につながりやすいメタボリックシンドローム該当者や
予備軍の割合は高齢になるほど高くなる傾向があり、
70歳以上の男性では51.8%を占める。

高齢者人口は今後も増加が見込まれる。
何の改革も行わなかった場合、総医療費は08年度の1兆5933億円から、
4年後の12年度には1兆8356億円に膨らむと予測される。

このため、県は療養病床を2万4634床(06年10月)から1万5550床に削減。
平均入院日数も39.6日から34.7日に短縮させることを目指す。

 また、メタボリックシンドローム該当者・予備軍の減少率を10%以上とすることや、
先発医薬品と同じ効用で安価なジェネリック医薬品の普及率を30%以上に上げるなどの目標を提示。
これらを達成することで、県民医療費の伸びを6%抑制し、
12年度の医療費を1兆7389億円に抑えられるとしている。


同計画は、06年の医療制度改革に基づき、各都道府県が策定することになっている。
県は今後、関連する保健医療計画や地域ケア体制整備構想などと連動した施策を進めていく。

メタボリックシンドロームの教科書とその対応
メタボリックシンドロームBLOODCOM
メタボリックシンドローム健康生活COM
メタボリック緊急時の対応生活
メタボリックシンドロームYAHOO
メタボリックシンドローム症候群
メタボリックと成人病
血液サラサラコム
メタボリックシンドローム
MYプライベートサイト
メタボリック・・・成人病
メタボリックシンドロームとの闘い
メタボリックシンドロームの秘訣
メタボリック対応
肥満王国・・・肥満大王
メタボなブロガー
骨ブーツとメタボリック
メタボリックシンドロームとの闘い
メタボリックシンドローム
メタボリックシンドロームLIFE
メタボリックシンドロームOK!
メタボリックシンドロームからの脱出
メタボリックな人生 
メタボリック親爺
メタボリック予備軍
肥満がメタボリックに
肥満はストレスメタボリック
メタボリックシンドロームと私のキーワード

YAMASAデジタル体脂肪計 マイドクターMD-550
キャリパー法(皮脂厚法)により体脂肪率を算出!


posted by fat at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。