2008年04月26日

メタボリック・腎臓病も肥満から

腎臓病も肥満からくる要因が高いのです!


スーパー簡単ダイエット ダンディー王


現在、日本では腎臓病の患者が多く、その数はますます増えていく一方だが、「最近は医学情報が多く配信されており、選択する必要がある」と指摘する専門医が少なくない。

患者自身も賢くなって、自分を守る時代になりつつある。腎臓病に関することで、押さえておかなければならないポイントは何か?

多くの腎臓内科医を擁し、日本で初の腎臓病総合医療センターがある東京女子医大病院腎臓内科・新田孝作主任教授に聞いた。

初期の段階では腎機能の数値はむしろいい
「最近は生活習慣病が原因の慢性腎臓病が増加しており、初期の段階では、腎機能の状態を示す血清クレアチニン値がむしろよいため、医師も治療の必要があると思わないことが多い。


しかし、初期に慢性腎臓病を発見し、治療を開始しないと、健康な腎臓に戻すことは非常に難しい」


Kさんは血圧や血糖、中性脂肪が高めでメタボリック症候群(内臓脂肪症候群)を長年指摘されていたが、腎臓は“異常なし”だった。しかし昨年、蛋白(たんぱく)尿が見られ、検査したところ、「慢性腎臓病」の診断が下った。

「腎機能低下を示すアルブミン尿や蛋白尿が出たら、腎臓病が始まっている場合が多い。さらに、糸球体濾過(ろか)値(GFR)が低下し、30ml/min未満になってくると、人工透析や腎臓移植に至るまでの期間をどれくらい延ばすかという状況になってしまうのです。

メタボリック症候群が慢性腎臓病の発症に深く関わっていることは、さまざまな研究で明らかになっています。アルブミン尿、蛋白尿が出ていなくても、メタボリック症候群の人は、慢性腎臓病予防を考えた治療の必要があります」

夜間に血圧が高い人は腎臓病のリスク高い
高血圧でも特にヤバいのは「夜間血圧も高い人。腎臓病発症リスクがより高い」という。

慢性腎臓病は心疾患のリスクも高める
血清クレアチニン値測定を受けた患者112万295例を対象に行った調査で、GFR(低いほど腎機能が悪い)が低下するとともに、心血管障害の発症率と死亡率が上がるという結果が出た。

「慢性腎臓病の患者さんは、同時に循環器の検査を受け、必要に応じて治療を受けなければなりません」

専門医はごくわずか
腎臓の“本当の状態”を知り、正しい治療を受けるには、腎臓専門医を選ぶべきだ。しかし……。
「慢性腎臓病だけでも400万〜500万人といわれていますが、腎臓専門医は全国で3000人ほど。明らかに医師不足です。受診をされるときは、腎臓学会のホームページで確認してから専門医にかかられることをお勧めします」


スーパー簡単ダイエット ダンディー王

フィリピンでは国の認めた腎臓移植制度が開催説しました。
食わしはこちらでお問い合わせ!
臓器売買ではございません!
posted by fat at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94770853

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。